一般社団・財団法人

一般社団・財団法人

一般社団法人とは?

一般社団法人とは2人で設立可能で公益性は問われません。登記のみで設立が可能なため、誰でも設立でき、税制上、優遇される可能性もあります。公益性がなくても設立できる一般社団法人ですが、非営利が徹底されている場合や社員の共益的な目的のためのみの活動を行う場合は、法人税が非課税になるという大きなメリットがあ...

メリット・デメリットは?

まず、メリットですが、やはり個人と法人では活動していく上での信用力が違います。そもそも法人でないと団体名義で不動産を取得したり、契約をしたりといったことができませんし、最近は、任意団体では銀行口座を開設できないことが増えてきています。また、取引条件として法人であることが要求されたり、 あるいは行政の...

税法上のメリット(非営利型)

一定の制限はありますが、個人よりも経費として認められる範囲が広がりますし、代表者個人とは別人格の法人から給料をもらう形に なることなどで、節税の効果も発生します。そして法人の場合、経営者は出資した範囲のみで責任を負えばいい(有限責任といいます)ことになっていますので、 事業が失敗しても代表者本人は、...

一般社団法人の社員とは?

一般社団法人において「社員」とは、従業員などという意味ではなく、その法人の構成員のことであり、株式会社の株主に相当する人のことをいいます。社員は、一般社団法人の最高意思決定機関である「社員総会」(株式会社の株主総会に相当)の 議決権を持つこととなりますので、社員総会を通じて、法人の運営に関与すること...

他の法人との違いは?

一般社団法人と株式会社の違いの最大のものは、一般社団法人が、「非営利」活動であり、株式会社が「営利」活動であるということです。ここでいう「営利」とは株式会社では株主、一般社団法人では社員への利益の分配を意味します。言い換えると、一般社団法人は利益分配しない組織(団体)のことです。(この点はNPO法人...

一般社団法人の役員とは?

一般社団法人の役員は、理事・監事となりますが、この中で必ず置かなければならない役員は理事のみです。役員は誰でもなれるわけではなく、役員適格の要件(自然人であること、成年被後見人ではないこと等)がありますので、注意が必要です。 一般社団法人においては、理事を1名以上置く必要があります。また、理事会を設...

認証申請に必要な書類

定款の事前確認が済み、定款認証手続の日時も決まったら、定款認証に必要な書類を整えます。定款認証手続に必要な書類は、概ね次のとおりです。① 設立者全員の印鑑証明書 各1通(発行後3か月以内のものが必要です。なお、設立者で理事にもなる人は、一般社団法人設立登記申請でも印鑑証明書が必要になるので、合わせて...

設立の際の手続きの流れ

一般社団法人は、概ね株式会社などと同じような手続により設立することができ、その流れは、次のとおりです。1.一般社団法人設立手続○定款作成「定款(ていかん)」とは、法人における最高規則であり、その法人の成り立ちや運営において重要な事項を定めたものです。○一般社団法人の場合、定款には、法人の名称や住所、...

法人設立の申請先

登記申請書類ができあがりましたら、書類を次の順で重ねて、クリアファイル等に入れておきます。 1.「登記すべき事項」を保存したフロッピーディスク、又はCD-R 2.一般社団法人設立登記申請書 3.定款(謄本) 4.役員選任や主たる事務所の所在場所などを決めたときの議事録5.代表理事を選んだ場合には、そ...

実績